plasma groupのgeneralized plasma architecture

#1

Channel on Plasmaの詳細が語られました。
基本的にはstate channelでできることはPlasmaでできる、ということだと思っています。

exit-gameの構造自体が変わるようなケースは、以下のような認識なのだと思います。

  • atomic-swapやnested plasmaの場合は、おそらくgetAdditionalDisputePeriodを使用して、紛争にかかる時間を延長することで、解決可能としているようです。
  • channelをexitする、と捉えれば複雑な紛争自体もexit後に持っていけるはずです

この辺りは当初の認識からずれてないです。

However, it’s important to remember that predicates are not a panacea–they are still constrained within the plasma design space. More generalization is likely yet to be found. Nevertheless, predicates are very powerful, and seem useful for pretty much all plasma implementations–including those which are not based on Plasma Cash.

さて、この設計はChannel on Plasmaの名前の通り、一定の制約があります。より一般化された方法はまだあるかもしれないと。
ここの一般化に関しては、最近思いついたことがあるので、もしまとめられたらこちらのスレにも書きます。

We think this represents an opportunity for standardization within the entire plasma ecosystem. Any plasma implementation which shares this state-deprecation architecture can share predicates and interoperate in new ways.

Layer 2 scaling solutions are all about using off-chain data to guarantee future on-chain state. Whether old state is deprecated through signatures (state channels), commitments (plasma), or something else, these tools are ultimately accomplishing the same thing. We hope that this advancement is a step towards a unified, shared language which encompasses all layer 2 solutions. We envision a future where wallets can connect to any layer 2 solution through utilizing a standard interface, rather than writing custom integration each time. All for interoperability, and interoperability for all!

以上の記述より、L2アプリでの相互運用性が非常に重要になってくると思われます。相互運用性はインターフェースの問題だけでなく、ステークホルダーのインセンティブ、何よりアプリケーション開発者やエンドユーザが主役になる仕組みが必要だと思うので、まだまだ色々ありそうですね。

1 Like