データオラクル


#1

現実世界で蓄積されたデータをblockchainに登録するために、そのデータの信頼性をcollateralized witnessによって保証しchainに保存し、データ利用料がwitnessに分配されるwitnetやgnosisのようなプロトコルについて

・最新データと現在時刻のラグ
・データ利用料
・巨大なデータへのwitnessの間に合わなさ
・witnessの駆け引き余地

などなど整理したい

・どの程度の鮮度のデータまでなら扱えるのか
・どれほど安くできるのか

が気になる


#2

メディア系が1次情報として間違った報道をしてしまった場合とかどうなるのか気になる。

欲しいのが「正しい情報」なのか「大多数が合意している情報」なのか。ブロックチェーンの文脈で語られるのだいたい後者。
でもその場合、後から「正しい情報」が出てきた場合一体どうなるのか。。。


#3
  1. そもそもデータの信頼性がかなり高くあってほしい(e.g. 人的な加工が介在しないAPI )
  2. もともとそのデータの誤りが大きな社会的影響を及ぼすセンシティブなものであること(e.g. 為替、雇用統計)

以上を満たす場合データオラクルに向いていると言えそう